11月 2014

When in Rome (do as the Romans do)

郷に入ったら郷に従え

今、日米野球メジャーオールスターチームに通訳として同行させていただき、日本に来ている。祖国に帰ってきて外国チームの一員であることは異様な感じがするが、お陰で面白い光景を目にすることも。日本に来るのは初めての選手ばかり。見る物何もかもが珍しいようで、色々な事を聞かれる。ウォッシュレット、左側通行、パチンコ、お辞儀、マスク。どれも私にとっては当たり前の光景だが、メジャー選手には物珍しく映るようだ。

球場に入っても同じだ。中でも、特に皆がはしゃいでいたのは、試合後に選手が体を洗うシャワールームだ。アメリカでは、サンダルを履いて立ったままシャワーを浴びる。一方、日本では、まずサンダルを脱いで裸足で入り、プラスチックの腰掛けに座って体を洗う。メジャーの選手は裸足でシャワールームに入ることに抵抗を感じたようで、中にはホテルに帰ってからシャワーを浴びるという選手もいた。しかし、我がレンジャースのピッチングコーチ、マイク・マダックスをはじめ、大半の選手は「郷に入ったら郷に従え」と言いながら、サンダルを脱いで、入っていった。

英語ではこの言い回しを次のように言う。

When in Rome, do as the Romans do.

直訳は「ローマでは、ローマ人のする通りにせよ」。これは4世紀のミラノの司教が残した言葉だそうだ。通常の会話では「When in Rome…」のみ言えば通じる。

今後もこのような日米親善試合が行われることを願っている。もちろん、日本の皆さんにメジャーの野球を楽しんでもらうという意図もあるが、 メジャーの選手やコーチに日本の野球環境を知ってもらい、日本人選手が全く環境の異なるメジャーでプレーするのにどれだけ苦労しなければならないか、というのを肌で感じてもらえれば、日本人選手への理解が一層深まると思うからだ。

日本でプレーしたコルビー・ルイス選手がよくチームメートに日本の経験を話しているのを目にする。その時、必ず彼はこの言い回しを使う。日本の野球に早くとけ込もうと努力した結果が、彼の成功の秘訣になったのかもしれない。

Mike 002

マダックスコーチとリズ夫人。アメリカ大使館にて。