8月 13th, 2014

Dog Days

テキサスの暑い日々

 

テキサスの暑さは尋常ではない。一昨年は華氏100度(摂氏38℃)を超える日が30日以上続いたという。今年はまだそこまで暑くないにしても、選手達は半袖、半ズボンで練習をし始めた。これからもっと暑さは増すようだ。

 

これは野球に限らないが、7月から8月にかけて猛暑が続く期間を

 

Dog Days

 

という。「犬の日々」と直訳される。暑さをしのぐため、自然と舌を出してしまう犬に連想されたのだろうと思い、確認のため調べてみたら見事に予想は外れ、その由来はなんと古代ギリシャまで時代がさかのぼった。ちょうどこの時期に天狼星が夜空に見える。天狼星は大犬座の一つの星。そして大犬座はラテン語で「Canis Major」、英語で「Dog Star」と呼ばれていることから、この言葉が生まれたようだ。

 

Relievers running

(この暑い時期、試合前の練習は半袖半ズボンで行われる)

 

野球で使われる「Dog Days」は、もう少し意味が深い。もちろん「暑い」という意味が含まれるが、後半になり選手に疲労が溜まり始めてくる時期でもある。「体力的にも精神的にもタフな時期」という意味で使われている。

 

そうでなくても今季はレンジャースにとってタフなシーズンとなってしまったが、若手はこの時期にバテることなくアピールし、来シーズンにつなげてほしい。

 

Mendez & Feliz

(ファンサービスをしているフェリス投手に水をかけるメンデス投手)