Curveball

予期せぬこと

 

 

試合前の打撃練習の時、ピッチャー陣は外野で球拾い(シャグ)をしている。一見ぼーっとしているかのように見えるが、選手同士の親睦が深まる、とても貴重な時間だ。私もこのシャグに参加させてもらっている。先日、左のスペシャリスト、コッツ投手と話していた時のことだ。私事で彼に悩みを打ち明けたら、彼は一言、

 

Life throws you a curveball all the time.

 

と言った。「人生はいつもカーブを投げてくる」が直訳だが、「人生は予期せぬ出来事ばかり」が妥当な訳だろう。さすが野球王国、アメリカ。この国の英語の中には野球に由来する表現が豊富だ。しかし、コッツ選手が言うと説得力を増す。2002年に始まった彼のプロ野球人生は、たくさんの怪我に悩まされた。2005年、シカゴ・ホワイトソックスの優勝に大きく貢献、その後もスムーズにプロで活躍できると思っていた。しかし、マイナー降格、トミー・ジョン手術、腰の手術と難関をくぐることになる。ほぼ4年のブランクを克服し、昨年メジャーのマウンドに復帰した。最初は左のワンポイントとして起用されたが、右打者、左打者構わず抑えることが評価され、1イニング任されるようになった。昨年の成績は57イニング投げ、防御率わずか1.11に終った。今年の彼の成績は昨年ほどパッとしないが、貴重な左腕のリリーフとして評価は高い。

 

Cotts

(コッツ投手、背番号56)

 

思った通りに行かないことを、代表的な変化球「カーブ」で例えている表現だ。今年のレンジャーズは予期せぬ怪我で悩まされている。どんな変化球であれ、打って返さなければならないが、野球の神様はレンジャーズに容赦なくカーブを投げ続けてくる。

 

その他に、この表現を聞くのは、男女関係の話の中だ。「女心と秋の空」というように、女性の移ろいやすい心に、男性は古今東西悩まされている。私も例外ではない。予期せぬ女性の言動に惑わされるごとに、男性は

 

She threw me a curve.

 

「またカーブを投げてきたよ」と言う。男性は純粋なのでストレートを待っているが、何故か女性は変化球を投げたがる。

1件のコメント

なるほど!人生、変化球ですね。確かに女性は変化球投手ばかり、凄いナックルボーラーもいますね(笑)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。