7月 22nd, 2014

El Caballo

男の中の男

 

 

今回のブログでは、スペイン語の言葉を一つ紹介したいと思う。「Caballo(カバーヨ)」とはスペイン語で「馬」という意味だ。クラブハウスでラテン選手同士が挨拶を交わす時、

 

¡Hola, caballo!

 

とよく言う。直訳は「こんにちは、馬」となる。実はスペイン語の中で使う「馬」とは、男性が他の男性に対する敬意を表した言葉なのだ。特にメジャーの中で使われる「カバーヨ」は、皆からリスペクトされる選手を指す。長いイニングを投げる先発投手、ピンチをしのぐ中継ぎ投手、チャンスに強い打者、そして決定的なのはその選手の人間性だ。いくら素晴らしい選手でも人間的に尊敬されていなかったら、カバーヨのタイトルは獲得できない。

また、「馬力」がパワーを示すように、「馬」という言葉は「力」を連想させるため、パワーヒッターを指すこともある。他にも、「馬」は長時間走れることから、スタミナや持久力のある選手を表す時にも使う。英語では「stud」=「種馬」が同じような意味で使われる(もちろん女性から人気のある男性もだが)。

 

人から信用され、人望の高い人は

 

Es un caballo

あいつは男だ

 

と言われる。他にも、上品で教養のある「紳士」は、英語では「gentleman(ジェントルマン)」だが、スペイン語では「caballero(カバイェーロ)」と言い、馬を操る「騎士」に由来する。「馬」という動物は、優雅さの象徴でもある。

 

先日、オールスターにダルビッシュ選手の通訳として参加させていただいた。20年間ヤンキースのスター選手として活躍し、今年引退するジーター選手のために開かれた球宴のようであり、それはクラブハウス内でも同じだった。オールスターに選ばれた選手の中でもジーター選手は別格で、オールスター選手たちがジーター選手にサインや写真を求めていたほどだ。どんな要望にも笑顔で応えるジーター選手を見て、ラテン選手たちは尊敬のまなざしを向けながら

 

Es el caballo

あいつは男(の中の男)だ

 

と言った。少し文法の話になって申し訳ないが、スペイン語で「un」は不定冠詞、「el」は定冠詞。つまり英語でいう「the」に当たる。ジーターは「ザ・男」と最高の敬意を表されたことになる。素晴らしい選手で、男気があり、そして優しい。ジーター選手は男女を問わず慕われる真のエル・カバーヨだった。

 

Beltre & Jeter

(レンジャーズのボス・ベルトレ選手とヤンキースのキャプテン・ジーター選手)